So-net無料ブログ作成

1月31日のQMA [QMA10]

なんかやたら眠いので簡単に。


デフィー:大魔道士9級→5級
8=5(2)-1-1-0#1-0 2-4 PM=3枚
============================
決勝出題:アニ2、スポ3、文系2
予習☆5:スポ多答、アニ並替、アニ文字、アニスロ、アニ○×
検定SS:東京・関東(3クレ)、ことわざ(4クレ)、パソコン・モバイル(8クレ)


荷物を受け取ってから、と思ってたら考えていたよりも早く届いたので開店から。人にいない時間にグランドスラムと3連勝の虹熊取れないかなと思って9時30分から大急ぎでトナメやったら、2人、2人、3人という過疎トナメだったので両方とも取れました。必死な取り方だなとは思いますが、取れるときにとっておこうかと。
その後も比較的好調で2勝。またROCK検定以外はSSSに届きました。最後の一つはどうしようかな。


1月30日のQMA [QMA10]

一口持っているローレルストームの2戦目が土曜の京都芝2000の未勝利戦になりました。相手を見る限り初勝利待ったなしという相手がいるわけでもないし、調整も順調に来ているようなので、それなりに勝負になると思います。今回は前回のような人気薄にはならないでしょうね。まずは無事に、できれば上位でゴールしてほしいものです。


今日は休暇を取っていたので朝からQMA。音ゲーもやってたのでずっと張り付きという程ではなかったのですが。

デフィー:魔導士3級→大魔道士9級
10=1-3-0-3#3-0 4-5 PM=1枚
========================
決勝出題:アニ2、スポ1、芸能1、文系1、理系2
予習☆5:TV・映画、音楽、芸能その他、地理、社会その他、アニタイ、社会タイ
協力プレー:9階討伐成功


トナメの方は正解率もそれなりに良くて調子は悪くなかったのですが、決勝戦では出題の組み合わせが今ひとつ噛み合わず惜敗が多かったです。 人の数は少なかったのですが、思うようには勝てませんでした。協力プレーの方は1回で討伐成功。終盤は上手く協力しあえたと思います。


明日は午前中に届く(はず)の荷物を受け取ってからプレーしに行くと思います。

1月28-29日のQMA [QMA10]

昨日は帰宅後に頭痛でしんどかったので更新はおやすみしました。

jubeatは2月からオンライン、ローカルともマッチングがなくなるとのこと。一応、スコア向上月間的なキャッチフレーズがついていますが、一体どういう意図なのか。そもそもjubeatの対戦はポップンやリフレクのように相手を妨害可能なわけではないので、別にマッチングがあってもスコアに大した影響はないですし、伝導とSAVEDが発生しなくなるので中堅以下のユーザには環境が厳しくなるでしょう。そもそも今作稼働当初に楽曲が200曲に抑えられていた際にスタッフの人は「jubeatの根幹であるマッチングを起きやすくするために」今の形にしていると言っていたように思いますが、矛盾しています。今回のイベントが3月上旬までということは、おそらく次のバージョンは3月に稼働なのでしょうが、期間限定の措置だとしてもちょっと迷走しているようにも見えますね。

QMAの成績は2日分。

デフィー:魔導士6級→3級
6=2-0-0-0#4-0 1-1 PM=3枚
============================
決勝出題:アニ1、社会1
予習☆5:物理化学、グルメ・生活、ライスタその他


昨日は9位が2回ありましたがキンドラから降格はせず。今日も準決勝は厳しかったですが、上手く抜け出せた時は、それぞれ決勝でも好内容で勝てました。


明日明後日と休みになったので、明日は朝からプレーすると思います。金曜はまだ未定ですが、そんなに変わらない模様。

1月27日のQMA [QMA10]

眠くなってきたので簡単に。

デフィー:魔導士8級→6級
4=0-2-1-0#1-0 2-1
===========================
決勝出題:スポ2、芸能1
予習☆5:生物、芸能連想、文系その他


内容は勝てないなりにまあまあといったところ。期待の新星ぱいそにすたさんと対戦したので野球投げましたが1ミス。最近はお互いに6問全部拾えてないような…。

1月25-26日のQMA [QMA10]

天の学舎最初の週末ということで。まあ、土曜流山、日曜妙典といつもと特に変わりはないですが。


デフィー:初級魔術士5級→魔導士8級
19=3-3-2-3#8-0 4-5 PM=3枚
===========================
決勝出題:アニ2、スポ4、ライ2、社会1、文系2
予習☆5(18/133):理系その他、ホビー、政治経済、アニエフ、アニ連想、芸能タイ、芸能四択、スポタイ、美術文学、アニメ・特撮、漫画・ノベル、サッカー、スポその他、芸能スロ
検定SSS:海外野球(2クレ)、レトロゲーム(2クレ)
検定SS:東京・関東(2クレ)、ことわざ(2クレ)、パソコン・モバイル(2クレ)、ROCK(11クレ)


だらだらと雑感を。

人の数は早くも落ち着いてきた感じで、フルゲートも時々ありますし前作末期よりは多いですが、土曜の午後、夜で12人前後、今日の午前中は10人前後でした。それでも、準決勝は従来よりもずっと厳しいです。あと、少し問題がぬるめでボーダーが高くなる傾向があり、それが余計に神経をすり減らしているように思うのですが、これはもっとゲームこなさないとはっきりとそうだといえるかはわかりません。

個人成績の確認をしていたのですけど、どうも準決勝に残っていても11位以下になると準決勝進出回数にカウントされないバグがあるみたいです。多分、前作までは単純に順位で準決勝進出回数をカウントしていて、今作の予選方式変更に対応されていないのでしょう。多くの人にとってはおそらく大したバグではないと思うのですが、自分としてはExcelにまとめている自分の戦績が正しいかどうかのチェックに使っているので正確に出てほしいところです。なお、正解率の集計は正しく行なわれているようです。

検定については、ひとまず従来通り全検定SSまでは取ることを目標に。SSSは時間かけずに取れそうなら取りに行く。今回ので言えばROCK検定は厳しそうなのでどうしようかなという感じです。通り名がもらえるのを見ると、名乗る可能性のないものでも一応欲しくなってしまうのですよね。

割と不評の声も見かける妖精さんですが、自分はそこまでまだ気になってはいません。ただ、予選途中で順位の反映が行なわれる際に「下がりまーす」はちょっとやめてほしいかも。あとは優勝の一枚絵に登場するのなら触ったら反応してほしかったですね。

そういやアカデミーアドベンチャーモードが無いのですよね。どこかで復活するのでしょうか。


まだ協力プレーはやっていませんが、いまのところ予選形式と妖精以外は賢者の扉と大した違いはなく実質的には賢者の扉Season3なのかなという印象です。最初はそんなわけないと思ってましたが、BEMANIスタジアム後半戦のインパクトのために稼働を急いだという説も、今はちょっと納得できます。ただ、今後の更新がないわけではないでしょうし、その辺に期待はしています。プロデューサーも変わったわけですからなにか動いてくれるでしょう。

初場所雑感 [その他]

・大相撲初場所

千秋楽、鶴竜は白鵬を本割で破り優勝決定戦に持ち込みましたが、決定戦では白鵬に思うような相撲を取らせてもらえず敗れて、今回も優勝はなりませんでした。来場所は綱取りになるという見解のようですが、北の湖の13勝で優勝という発言に審判部は同意していないようなので14勝で優勝が必要になりそうです。稀勢の里に比べて厳しいとの声も上がるかもしれませんが、大関としてのそれまでの成績が大分違うので、日本人云々と関係なくやや厳しくなるのはしかたのないところ。大関昇進がかかった時も似たような状況で一発で決めた勝負強さが今回も発揮されるか注目したいところです。

一方稀勢の里は脚の故障で千秋楽休場となり来場所はカド番です。怪我さえ治ればカド番脱出はわけもないと思いますが、この怪我が終わりの始まりにならないといいのですが。千代大海も27歳までに3回優勝してましたが、この時期から怪我が多くなり衰えていきましたが微妙に重なるんですよね。出世が早かった力士は20代中盤辺りでピークを迎えることが多いので気になります。

遠藤が11勝。来場所は前頭2枚目くらいまで上がってくると思います。今場所を見る限り相撲の上手さは平幕では上位。あとは全体的にパワーがついてくればというところです。金曜日に平日ながら満員御礼が出たように、活躍にともなって注目も大きくなってきましたが、それに応えられるように頑張ってほしいと思います。


1月24日のQMA [QMA10]

田中将大のヤンキース移籍が決まりました。高額年俸が話題ですが、これは競り合いになったこととヤンキースのチーム事情が重なったため。しかし、今回のポスティングシステムのルール変更は、入札金額の上限を設けることで資金力に差のある球団も獲得競争に参加できることを企図していたと思うのですが、結局その分が年俸の競争に移行しただけで、結局金持ち球団しか参加できないんじゃないでしょうか。
それにしても、大リーグでもトップクラスの年俸を得ることになったわけでプレッシャーもかかると思いますが、頑張ってほしいと思います。


QMAは天の学舎2日目。最初は行徳で、後に妙典へ。

デフィー:見習魔術士9級→初級魔術士5級
5=1(1)-0-2-0#2-0 2-1 PM=1枚
===============================
決勝出題:アニ1、スポ1、ライ1
予習☆5(4/133):芸能線結、ゲーム・おもちゃ、歴史


23時台でもフルゲートになる稼働初期。厳しいですが、この時期にしか味わえないトナメがあるので、プレーしていても楽しいです。今日は9位以下は取らず、ラストでようやく今作の初勝利を取れたので撤収。ナイトドラゴンに上がれたので、とりあえずフェニックス降格はしばらく気にしなくて大丈夫かな。
他にサブカで3回やって決勝に1回。


土曜は多分流山、日曜は地元でプレーって感じですかね。

1月23日のQMA [QMA10]

祝、天の学舎稼働ということで、早速プレーしてきました。


デフィー:修練生10級→見習魔術士9級
D:3=0-0-2-0#1-0 0-0
========================
決勝出題:スポ1、理系1
予習☆5(1/133):野球


最初は行徳で、まずは様子見でサブカでプレー。4位、14位、1位。4位で得たゲージの倍くらい14位で持って行かれてフェニ落ちしました。1回で戻れましたがフェニックスも普通に前作キンドラの人が多数いましたので、しばらくはフェニックスでも全く油断できないと思います。
続いて妙典に移ってメインカードでプレー。こちらは7位、3位、3位でした。厳しい相手ばかりでしたので、2回決勝に残れたのは上々でしょう。


プレーした雑感を少々。といってもトナメしかやってないのでその範囲で。

・新作と言っても妖精がらみの部分以外の演出は賢者の扉と変わっていません。賢者の扉Season3という感じは否めませんが、前作も途中で演出をいじってますので、今回もそれに期待したいところです。
・音楽は良好。決勝曲もいい感じです。
・予選、準決勝では2問ごとに順位を元に回答者の表示順が更新されますが、一旦クイズが止まる形になるのでちょっと気になります。
・予選が合格点制に変わりましたが、メインサブの計6クレで誰も予選では落ちていませんでした。今後どうなるかわかりませんが、現状では通過者選抜としての予選はドラゴン組においては形骸化しました。ただ、たくさん人が残るぶん、準決勝は従来よりも狭き門となっています。


とりあえずこんなところで。予選の合格点制は色々意見はあるでしょうけど、かつてQMA2で賢者に上がった頃に、プレー数に対して1/3が6問、さらに1/3が12問で終わってた時期を思うと、ほぼ18問プレーできるというのはミドル層以下には大きいと思うので、人まずはこれでいいと思います。ボーダーに関しては、様子を見て調整してくれればいいでしょう。


今日のところはこんなもの。今後プレーしていく中で気になったことがあれば上げていきます。とりあえず今日は久々に濃いトーナメントが行われていて楽しかったです。いずれにしましても、今作も前作に引き続きよろしくお願い致します。

1月22日のQMA [QMA9]

【西武】19歳相内飲酒喫煙 また不祥事

松坂涌井の道交法違反にダルビッシュの喫煙を身につけ、最強投手への道をまっしぐらです。これで東尾の特性である麻雀も身に付ければ、まさしく史上最強といえるでしょう。

…まあ、冗談はともかくとして、一度やらかした過去があるわけで当然厳しい視線で見られているわけですが、その自覚はなかったのかというところです。球団もどこまで指導できていたのか疑問ですが、19歳とはいえ個人事業主であり人気商売であるプロ野球選手としてのあるべき振る舞いというものに自律的であってほしかった。謹んで反省してほしいと思います。
しかし、同じ19歳の大学生なら酒もタバコもやっているでしょうし、この件でやれ解雇だのというのはちょっと厳しいかなと思います。三度目何かやったら球史には名を残すでしょうが、さすがに選手でいられなくなるでしょうね。



今日は賢者の扉最終日ということで、サブカで2回プレーしたあと、メインカードの所属を妙典に戻すために公式サークルをプレーして終了。公式は3回やりましたが3回とも大変濃いメンバーで楽しかったです。

明日は、今日みたいに早く帰れればいいのですが難しいかな。音ゲーとの連動もあるので初日は余計に混みそうですし、情報集めてからゆっくりでもいいかもしれませんね。


というわけで、天の学舎でもよろしくお願い致します。QMA9のカテゴリーでの記事はこれが多分最後。明日
無事に稼働していたら「QMA10」のカテゴリーの記事となります。


1月21日のQMA [QMA9]

QMAやろうと思って筐体に向かったらなんとなく雰囲気が違う。ん?と思ったら…

qTCaN.jpg


はえーよ、おい。なんだろう、届いたから早めに改造しちゃうかということだったのでしょうか。当然、まだ賢者の扉が稼働しているのですが、天の学舎のキットに変えられていました。朗報という意味では、この改造は4台全てに行なわれていましたので、次回作も4台稼働のままいくのでしょう。それがなにより。


今日のQMAはサブカで3回やって全て2位でした。明日はいよいよ長かった賢者の扉の最終日ですが、早めに仕事終わればそれなりにプレーします。

QMA賢者の扉総括 [QMA9]

キリの良いゲーム数になったので、メインカードで賢者の扉のトナメに入るのは打ち止め。
というわけで、成績まとめです。

そんなわけで、本文は例によって続きを読むの方へ。

続きを読む


1月20日のQMA [QMA9]

まわしまた緩む珍事「緩んでる」/初場所

まわしが緩いと掴んでも力が伝わりにくいため、自分を有利にするためにわざときちんと締めない力士もいて(かつての朝青龍とか武双山とか)、そのたびに注意が審判から各部屋に行ったりするのですが、改善されないどころか最近は緩いほうが多いようで、きつく締めていた琴奨菊が「まわしが掴みづらい」と不満を言われたなんて話もあったりしました。本末転倒です。
いずれにしても投げられないために緩くするなんていうのは極めてセコい話であり、またお客様が何を期待して国技館まで足を運んでいるかということを考えれば、今の客入り不振の状況下で相撲の面白さを消すようなことを力士自身がしている場合ではないと思うので、多賀竜の言うごとく各力士ともきちんとまわしを締めていただきたいとおもいます。



QMAは今日はサブカで。6ゲームやって2勝、決勝5回。挨拶コメントでも買い占めようかと思ったのですけど、15000マジカでは全然足りませんでしたね。半分くらいしか買えませんでした。


1月18-19日のQMA [QMA9]

稀勢の里が3敗目ということで、千秋楽に白鵬を倒して12勝なら綱取り継続かもしれませんが、まず無理だと思います。一からやり直しということになるでしょう。かねてから書いている通り、優勝してから綱取りの話をした方がいいです。部屋の騒動とか同情できる理由もあるけど、綱を意識して動かなくなっているとしか思えない。いずれにしても体的には十分だと思いますので、あとは心と頭の問題でしょう。こればかりは自力で乗り越えないとどうしようもありません。12年の夏場所11日目で他の力士に2差をつけた際に自分はこんなことをツイートしてたんですが(https://twitter.com/defi_stable/status/202690521930530817)、この時はラスト4日で3敗と崩れて決定戦にすらいけませんでした。これ以降、「稀勢の里はもう優勝できないでしょうw」とか口にしてるんですが、どうも本当にそうなりそうな気配です。なんとか壁を破ってほしいものですが。



QMAは昨日は流山で。今日は妙典で。昨日流山でプレーしたぶんで、メインカードはちょうどトナメ2000ゲームとなったので、何か参加したいイベントでもなければここで打ち止めとして、今日はサブカでプレー。

デフィー:黄金賢者十段→白金賢者初段
15=1-1-2-3#7-0 1-2 PM=3枚
============================
決勝出題:アニ1、スポ2、芸能2、社会1、文系1


オンオフには行きませんでしたが、それでも最後の週末だけに濃いトナメが多かったです。自分の出来自体もイマイチで成績は伸び悩みました。新作稼働後が思いやられますが、まあしかたないですね。
トータルの戦績はトナメ2000ゲームで、503勝(うちドラゴン組4人決勝で400勝)、決勝進出1416回、準決勝進出1955回、予選落ち45回でした。


正解率などの成績まとめは明日以降に。明日以降、少し忙しい予測が立っているので、どのくらいQMAできるかわかりませんが、残りの期間はサブカでトナメやろうと思ってます。

今日はプレーなし [その他]

今日は昔の所属会社の飲み会だったためプレーなしでした。会場がニュー新橋ビルだったので、いろいろ懐かしかったです。あのビルのトイレ、今でもチップ制なんですね。


明日は賢者の扉最後の週末ということで、どこかでガッツリと。

1月16日のQMA [QMA9]

稀勢の里が2敗目を喫しました。もともと稀勢の里は立合いで待ったが多く注意の対象になったりしたこともありますが、それをしてなお敗れたということで言い訳のできない敗戦です。これで自力優勝はなくなりましたが、残り全部勝ち白鵬がどこかで取りこぼせば優勝の可能性もあります。とはいえこれで上げたところで甘いと言われるだけでしょうし、一旦リセットでいいんじゃないですかね。
まあ、相撲の八百長が協会主導ではないというのはこれでも見えるんじゃないですかね。もし協会が筋書き作ってるなら、稀勢の里はとっくに横綱でしょう。


今日のQMAは21時くらいから。

デフィー:黄金賢者十段
4=0-0-2-0#2-0 1-0
============================
決勝出題:アニ1、ライ1

社多で4ミスするなど予選で計4問しか拾えなかったこともあるなどいまいちの調子で、予選で少人数で助かったという局面が多かったです。合格点制なら1回は予選落ちしてたと思いますw


今日のBEMANIの方の発表で、天の学舎やると現在行なわれているBEMANIスタジアムの経験値がアップするという連動を行うという発表がありました。稼働初期に音ゲープレーヤーの力を借りてインカムをあげようということなのでしょうが、正直これがなくても楽曲の解禁は余裕で進んでいくと思いますので、あんまり効果は上がらないんじゃないですかね。


今日はプレーなし [その他]

文章で人に物を伝えるというのは本当に難しいものだなあと思います。自分は自信も勇気もないので無難な表現に逃げてしまいますけど、それはそれで必ずしも伝わらないもので。


今日は作業者として忙しい現場に突っ込まれた結果、昼飯も食えずに22時近くまで仕事していたので、食事してそのまま帰ってゲーセンには寄りませんでした。

1月14日のQMA [QMA9]

QMAの新作の追加情報が公開されました(http://www.konami.jp/am/qma/new/)。23日稼働ということで、思ってたよりも1週早かったです。

今回はゲーム内容についての発表があり、予選が合格点制になるというQMAのトーナメントの根本を変えるルールが明らかになりました。合格点が適切なら、従来10問で終わっていた人が18問以上できるようになる可能性が高くなるということで、トーナメントへの参加をしやすくする効果があると思います。まあ、予選通過がデフォの人は準決勝が厳しくなるということではあるのですが、少なくともドラゴン組においては「トナメは人が少なくてつまらない」という声が多数でしたから、トナメに人が増えて楽しくなるという効果がありますので、みんな歓迎でしょう。

……まあ、目論見通り行けばということではあるのですが。クラス分けや難易度設定に関して十分なシミュレートが出来ていればいいのですが。ただ、過去の変更と同様にコナミとしてはおそらくミドル層にとってトナメがやりやすくなるように考えた上で決めたことだと思いますので、揶揄するよりは期待して待ちたいと思います。方向性は間違っていないと私は思いますよ。


検定SSSについては、どうなんでしょう4000点くらいですかね。いずれにしても4000を取るのは厳しすぎるので、全SSSを目指すのはやらないと思います。


今日のQMAは、20時過ぎから妙典で。

デフィー:黄金賢者十段
4=0-1-2-1#0-0 1-0
===========================
決勝出題:アニ1、スポ1、文系1、理系1


勝てはしませんでしたが、全て決勝に残れていたのでそれでよし。



1月13日のQMA [QMA9]

大相撲初場所がはじまっています。今場所の話題は稀勢の里の綱とりに尽きるのですが、初日から黒星、そして今日も妙義龍におされて危ない部分もあるなど、非常に危なっかしい立ち上がりです。引導を渡しきれない妙義龍に対しても思うところはありますが、ひとまず稀勢の里は踏みとどまりました。個人的には先場所に優勝していない以上、序盤に取りこぼしたらアウトでいいと思うのですが、各方面とも終盤まで興味を継続させるべく綱とりは続いているということになっています。意識してかたくなっているのか、相変わらずの取りこぼしグセなのかはわかりませんが、まだまだ綱渡りが続くようです。


QMAは妙典で。新バージョンに備えてマジカでアイテムを一気に買っていますが、全部買うにはどうやら20,000マジカくらい足りない模様。最大で11万超えていたんで、足りるかと思ってたんですが、思っていたよりもアイテム数が多かったです。

デフィー:黄金賢者九段→十段
6=1-3-1-1#0-0 2-3 PM=2枚
============================
決勝出題:アニ2、スポ1、芸能2、社会1


全部決勝に残れましたので、とりあえず文句のないところです。決勝はやや勝負弱かったですが。
匠竜杯も終わったので、決勝の出題については野球オンリーから元に戻しています。次回作ではどうしましょうかね。


1月12日のQMA [QMA9]

相撲とか競馬の話は明日にでも。


匠竜杯へ行ってきました。自分が出たのはスポーツサブジャンル1だけですが、他の方の名札を見ていて、文系にも出ればよかったかなと思いました。もちろん他のジャンルもそれぞれ素晴らしい絵なのですが、そのくらい横井レゴさんのアメリアはよかった。

で、その野球ですが1回戦で5ミス309点で4位。まあ、最近の流山の店対でもこのくらいの点数でしたので、これが今の実力でしょう。プロ野球もライオンズの試合をダイジェストで見るのが精一杯で、スポーツ新聞を読む回数も減ってます。また、QMA7以降決勝での野球出題は意図して激減させてますしね。ただ、時事に近い問題が取れないのは野球好きとして悲しいことではあるので、今後QMAをやっていても決勝野球オンリーにすることはないと思いますが、もう少しセ・リーグの試合や記事も昔のようにちゃんと目を通すようにして拾えるように心がけようと思います。


野球の勝者はおおほしあわい→さん、スポーツの優勝者はばばんぎださんでした。おめでとうございます。


今日のトナメは早めに妙典帰ってきたあと1回だけやって7位でした。

1月11日のQMA [QMA9]

QMAについては今日は午前中にサブカで4クレだけ。相変わらず野球の精度が低いですが今さらどうにもならないので、明日は近いところでレベルの高い対戦を見るために行くという心づもりです。

で、今日の午後は賢押杯主催の早押しフリーバッティング会に。かつての体験会のイメージで行ったらプロっぽい人が多くて驚きました。まあ、それはこっちの勘違いなんですが。それなりに押すことは出来ましたが、賢押杯でいうと本戦レベルではちょっと厳しいかなという手応えでした。思うように指が動かないものですね。

こういう企画を賢押杯の名前でやったということは、いずれ賢押杯やるってことなんですかね。その辺はわかりませんが、やっぱり早押しクイズは楽しいですね。どうもありがとうございました。


明日は、新橋辺りで馬券買ってから川崎に向かいます。

1月10日のQMA [QMA9]

今日のQMAは妙典で20時位から。

デフィー:黄金賢者八段→九段
7=0-0-3-1#2-1 0-3
==================================
予選落ち(45):理系タイ(1x)+ノンスロ(1x)
決勝出題:スポ4


今日の7ゲーム中6ゲームがフルゲートでした。稼働直後並の大盛況、一体何があったのか。あるいは、あるゲーセンのアカウントが1月下旬の稼働を示唆するつぶやきをしてましたので、みんな次回作の稼働を意識してぼちぼち追い込みをかけているのかもしれませんね。
で、さすがにフルゲートともなると厳しくて予選落ちも1回。スピード差で僅差の敗退でした。


今年の仕事も最初の1週間が終わりました。明日は医者行ったあと、適当な時間に早押し体験会に行ってみます。日曜はローレルストームの馬券を買ったあと川崎へ。日曜は多分出かけないと思います。

今日はプレーなし [その他]

仕事が遅くなったので、今日はプレーなしでした。明日もどうだろうか、微妙な情勢。

大相撲カード決戦の新春ガチャではじめてSRが引けたので、今日は気分良く寝たいと思います。

1月8日のQMA [QMA9]

早めに帰って来て気合充分だったのですが、会社からの電話で中団を余儀なくされ気持ちが途切れたので音ゲーやって帰宅しました。


デフィー:黄金賢者八段
3=0-0-2-0#1-0 1-0 
======================
決勝:スポ2

野球に関してリハビリがてら少し速度も意識した回答を心がけてたのですが、どうしてもタイポが増えますね。

ちょっと明日早いので、今日はこのくらいで。


1月7日のQMA [QMA9]

QMA新作の情報が公開されました(http://www.konami.jp/am/qma/new/)。新キャラの妖精は「妖精たちを中心に物語が展開」とあるから、プレイヤーキャラとして現在のキャラと並列で選択対象となるわけではないのかもしれませんね。ナビゲータ的な役割でしょうか。
通り名はゲームの結果に応じて得られるようで、アンアンのようなタイトル「○○」という感じになるのか、あるいはjubeatのようなパーツの組みあわせができるのか、どのようなものになるのでしょうか。

ゲーム内容についてはまだ特に触れられておらず、来週以降発表ということかあるいは大きな違いがないということなのでしょうか。紹介すべき事項がないとは思えないので次週以降の発表を待ちたいと思いますが、QMA7で新キャラが追加される際のオペレータ向け資料に「若者に人気の声優を使ってプレーヤー拡大」を意図する旨の記載があった記憶があるのですが、筆頭で紹介されているのが新キャラと声優さんというあたりに、今もその施策が生きていることが感じられます。プレーヤー外にどれだけ訴求できるものなのか、ちょっと自分にはわかりませんが、自分のTL上でも声優さんの話で盛り上がってましたので、コアユーザー向けとしてはそれでいいのでしょう。


今日のQMAは20時過ぎから妙典で。

デフィー:黄金賢者七段→八段
4=0-0-1-1#2-0 0-0
===============================
決勝出題:スポ2


トナメの人数は9人前後と手頃でしたが相手には強い人が多かったです。決勝も準決勝も負けるときは完敗といった感じの負け方。

ライオンズ、人的補償で2選手を獲得 [野球]

【西武】人的補償に脇谷らを指名し合意

ライオンズはFAで移籍した涌井の人的補償としてロッテから中郷、巨人から脇谷を指名しました。中郷についてはロッテで中継ぎとして活躍していた投手で昨年37試合で15ホールド、このクラスの投手がプロテクトから漏れるというのは意外でした。以前故障し、昨年も7月に一度戦線離脱していますので、あるいは怪我の懸念でもあるのかと思いましたが、一昨年は普通に投げているし問題はないでしょう。西武の中継ぎはもう何年もネタにされ続けているウィークポイントですので、ぜひ穴を埋めるよう頑張ってほしいと思います。
一方脇谷ですが、片岡のいなくなった内野の補強ということなのでしょう、故障前は勝負強い打撃と俊足を披露していましたし実績は十分です。ただ、セカンドに浅村を持って行くなら空きはショートのみ。脇谷が伊原監督の巨人コーチ時代のお気に入りであるにしても、昨年活躍した鬼崎やまだ若い金子、永江といった選手がいる中での獲得は、あるいは伊原監督は既存の選手をあまり評価していないのでしょうか。どのような使い方をしていくのか注目したいところです。

いずれにしてもライオンズは戦力になると見込んで指名し、縁あって来たわけですから、ぜひ頑張ってください。応援しています。

1月6日のQMA [QMA9]

仕事始めでした。流石に半月休んでると体と頭がなまっている気がしました。少しずつ錆を落としていかないといけませんね。


QMAは21時過ぎから。

デフィー:黄金賢者七段
3=2-0-1-0#0-0 1-0 PM=6枚
========================
決勝出題:スポ3


今日は着順だけでなく、正解率も伴っている好調でした。
なお今週は、いまさら匠竜杯対策してもしょうがないとは思うのですが、一応決勝に残ったら野球を使うようにします。

1月4-5日のQMA [QMA9]

4コマオブザイヤー2013(http://4oty.net/)というのがあって眺めてたんですけど、今は90年代のように芳・竹だけ追ってれば(それでも月刊誌10冊位はあったけど)だいたいの作品を把握できた時代と違って、角川やその他大手出版社も4コマを手がけているのですべてを追いきれるわけもなく、知らない作品がたくさんあります。面白そうなものは手を出していきたいところです。もっともQMAの漫画・ノベルでは4コマはアニメ化された作品以外ほとんど出題されないので、あまり活きませんが。

このサイトの投票ルールで自分が選ぶとすれば、こんな感じですかね。ダラダラ日常系かユルいラブコメもってくればだいたい満足する古参4コマ読みです、すみません。

新刊:
大家さんは思春期、女子大生生活様式、乙女ほるもん、彼氏ってどこに行ったら買えますの!?、初恋症候群
既刊:
父とヒゲゴリラと私、箱入りドロップス、ゆゆ式



さて、QMA。昨日は今年の流山初め。今日は散髪のあと行徳で。鳩の糞が散乱する行徳駅前の交差点にかなりの衝撃を受けました。いつの間にああなった。

デフィー:黄金賢者四段→六段
13=3-1-1-2#5-1 1-1 PM=7枚
==============================
予選落ち(44):社会多答(3x)+芸能タイ(2x)
決勝出題:アニ3、スポ1、芸能1、文系2


これ以外にサブカで7ゲーム。
魔龍も大会もなく、次回作がみえてきたためもあったのか、トナメが盛況でした。土曜日は午後からずっと10人以上のトナメが続き、フルゲートも何回か。久しぶりに厳しいドラゴン組が帰ってきました。このくらい厳しいほうが面白いですね。予選でも全く気が抜けませんでした。予選落ちも1回(サブカ合わせると2回)。


一応次週は匠竜杯ということで、自分は野球に登録しました。昨日の店対で久しぶりに野球縛りをやりましたがろくに6問全答すら出来ずぐだぐだで、出て行っても勝負にはならないと思います。決勝で野球を主武器として使わなくなってから3年経ちますが、やらないと確実に錆びていきますね。まあ開催記念ということで、見物がてら参加しようと思っています。負けるにしても、きっと何らかの刺激はもらえるでしょうし。

箱根駅伝復路雑感 [その他]

今日も今日とて箱根駅伝。朝起きたらスタート直前でした。もう少し速く起きるつもりだったのですが。


第90回東京箱根間往復大学駅伝競走     アスファルト219700m
1:東洋大   10:52:51
2:駒沢大      4:34
3:日体大      11:00
4:早 大      11:26

復路優勝 東洋大 5:25:38 (復路新記録)


復路スタートの6区で詰められるか差が開くかというあたりが今日の最大の焦点でしたが、東洋日下がしっかりと走りきりリードを広げます。これでほぼ勝負あり。以降は東洋が安定したタスキリレーを見せ、駒沢は9区のエース窪田が好時計で追い上げましたが、この区間も30秒程度のロスに収める好走、アンカーの大津が区間新に迫る走りを見せて締め、2年ぶりの優勝を果たしました。
駒沢の三冠はならず。東洋のタイムは一昨年にマークしたレコードタイムに1分強足りない歴代2位のもので一方の駒沢は歴代3位のタイム。決して駒沢の走りが悪かったわけではなく例年なら堂々たる優勝だったと思いますが、今回は相手が悪かった。東洋の箱根での強さを称えるべきでしょう。
シード争いの方は、一時7位から12位が18秒差に入る大激戦となりましたが、10区序盤で東海大、中盤で法政大が遅れて勝負あり。日大、拓大、大東大がシードに復帰しました。例によって日大視点で見てましたが、正直シードに復帰するのは戦前には予想できませんでした。結果として目立った選手はいませんでしたが大崩れもなく、ここ数年なかった中継所で倒れこむ選手もでるなど、やれば出来るんじゃないかという感じです。来年以降へもつなげてほしいと思います。
ただ、ちょっと日テレ実況に物申したいのは、シード争いについて9区までは熱心に取り上げられていたのに10区に入ってからはあまり実況されなくなりました。これは、ひとつには前記の通り10区中盤で勝負が決したことと、時差スタートの影響で直接の競り合いがなかったからということなのかなと思いますが、あれだけ接戦といいながらその後全く触れないのでは、途中経過を速報サイトで確認しているような一部の人間以外、ゴール結果でしか理解できなかったのではないでしょうか。毎年シード争いを煽り、今年も実況で触れていたのだから、定点ポイントごとに動向を伝えるくらいはしてほしいと思います。一方で、競り合いがあってもなくても定期的に早稲田は映されるから贔屓と言われるわけですよ。まあ、早稲田のファンはたくさんいるとは思いますけども。


今回は東洋が駒沢の三冠を阻止しましたが来年以降はどうなるでしょうか。東洋、駒沢とも下級生の活躍もありましたので、来年もこの2校が大学駅伝会の中心となるのでしょう。あとは早稲田も好素材が揃ってますので怪我なく駅伝シーズンを迎えてほしいものです。



なお、今日はゲーセンには行かなかったのでQMAはプレーなしです。

1月2日のQMA [QMA9]

今日は駅伝のあとに少しだけ。


デフィー:黄金賢者五段→六段
3=1-0-1-0#1-0 1-0 PM=3枚
=========================
決勝出題:アニ1、社会1


1回勝てたのでそこで撤収。トナメに相変わらず人が多めでした。
昨日も今日もそれなりに席が埋まっていて安心しました。まだパレパレにちゃんと導入されるのかはわかりませんが、次回作でも4台が維持されてほしいところです。

箱根駅伝往路雑感 [その他]

今年も朝から通してみました。6時間近くかかっているのに、いつもあっという間に感じます。

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路)   アスファルト:108000m
1:東洋大   5:27:13
2:駒沢大      0:59
3:早 大      5:09
4:日体大      6:32

まず1区で早稲田の大迫が飛ばしていきます。近年にないハイペースでしたが、それでも15キロ過ぎまで集団が付いて行きました。このあたり、なんだかんだといっても学生長距離のレベルは上がっているのだろうと思わせます。もちろん、オリンピックのマラソンでメダル取ってこそという意見もあるのでしょうが、それはそれとして箱根の隆盛は学生長距離界の裾野は広げているのでしょう。ただ、引っ張った大迫は長距離練習不足からかこの辺りで遅れました。早稲田としてはこのあたりは誤算だったかもしれません。1区を制したのは日体大で、駒沢、東洋もついてくる展開で概ね上位の様相は決まったように思われました。そのくらい上位の争いはハイレベルで、濃いものだったように思います。
優勝争いは2区で駒沢がトップに立ちますが、東洋は3区の設楽弟の好走で一気に1分近い差をつけてトップに立ちます。油布も決して悪くなかったのですが、ついに全日本のようには区間賞を取れませんでした。しかし駒沢も譲らず4区で区間賞を取り返し20秒差で5区へ。この2校の争いが山登りでも競り合いますが、山を登り切ったあと設楽兄が決着をつけ優勝争いを制しました。しかし、駒沢馬場も最後までバテずに59秒差で2位に。この健闘は間違いなく明日につながるでしょう。大きな好走でした。日体大は2区から4区が不調で一端は下がりますが、山登りの服部が今年も好走して4位まで巻き返し。2区高田の区間賞などその後も地味に踏ん張った3位の早稲田とともに逆転総合優勝を目指す展開になるでしょうか。

2区では注目された山梨学院のオムワンバが疲労骨折でリタイア。今回の駅伝的にも残念ですが、今後に影響がないかが心配です。夏から右足の不調はあったようですが、ここで出てしまったということでしょうか。上田監督がすぐ止めなかった点が色々取り沙汰されているみたいですが、オムワンバも走ろうとしてたし、しょうがないんじゃないかなあと個人的には思います。

シード争いは、諸般の事情で日大についての雑感のみ。キトニーを5区に起用する博打に出た日大ですが、2区で10位、4区で8位とここ数年にない健闘で、これは上手く行けば4位くらいまで行けるのではないかと思いましたがキトニーは区間10位と平凡な内容で10位に後退。まあ、博打は失敗かなという評価です。ただ、ここ数年の日大は山登りで平均8分位は遅れていましたので、それが2分ですんだという考え方もできます。たとえば8区か9区で使って区間賞の場合に稼げた数分とどちらが重かったかは、最後にシードが取れているかどうかで判断したいと思います。