So-net無料ブログ作成
検索選択

2月27日のQMA [QMA10]

BBHが6月で稼働終了とのこと。BBH3以降はほとんどやっていなかったので特に何か言える立場にはないですが、寂しいものがあります。


今日は21時くらいから。

ミナ:白銀賢者八段
3=1-2-0-0#0-0 1-1 PM=3枚
=======================
決勝出題:アニ1、芸能1、社会1

好調と言っていい内容でした。ただ、ゲーちゃにしろ芸線にしろもう少ししっかり取りたいところ。


月曜日が1月の休日出社の代休で休みとなったため3連休です。土曜日はいつもの通りの予定ですが、日月は1泊2日で乗り鉄でもしてこようかと思ってます。



後藤騎手死去 [競馬]

後藤浩輝騎手が自宅で首つり自殺

ご冥福をお祈りします。最初に見た時は驚きで言葉が出ませんでした。先週も落馬をし怪我を苦にしたものかと想像したりもしましたが、落馬翌日の日曜日は2勝、今週も15鞍予定という背景からどうもしっくり来ない感じです。ただ、報道がすべて一致しているところを見ると事件性などはないのでしょう。

実のところ勝利インタビューなどでの後藤騎手のパフォーマンスはあまり好きではなかったし、木刀事件についても経緯はどうあれもっと厳罰でも良かったと考えている程度には後藤騎手は嫌いな騎手ではあったのですが、それでも今回の件が信じられなかったのは、ファンの前で常に明るく振る舞うその性格や、何度も見舞われた不運な落馬による故障から立ち上がってきた姿勢などを見て自殺と全く結びつかなかったからです。それが虚勢だったり弱い部分を糊塗するための仮面だったと言われればそれまでですが。

思い出に残っているのはやはり2010年ダービーのローズキングダムです。後藤騎手は状況に応じて思い切った騎乗のできる関東では数少ない騎手ではあるので、人気は落ちているけど思うように乗って欲しいと思っていたら期待以上の騎乗を見せてくれました。エイシンフラッシュの強襲にわずかに敗れましたが当時のブログにも書いたとおり大満足でした。

ただこうなってみると、後藤自身いつか勝ちたいと言ってたダービーを、もしあの時勝てていたならという思いも湧いてきます。もしかしたら結末も違ったのでしょうか。いずれにしても残念でなりません。


2月26日のQMA [QMA10]

西武西口が一軍に上がってきました。どこまでできるかわかりませんが、ファンとしては最後まで信じて見守りたいと思います。


QMAは21時前から。

ミナ:白銀賢者七段→八段
【全国大会】
1=0-1-0-0-0-0 Ace=1 区間賞=1 PM=0枚 43,853点

【トーナメント】
2=0-1-1-0#0-0 1-1 
=========================
決勝出題:社会2


全国大会は、現在の順位確認のために1回。250位くらいでしたから、いつもよりやり込んでいる人が多そうですね。トナメの方はぼちぼち。少人数でもあり危なげなく決勝へ。決勝は勝てず。



>たかしおのさん
補償自体はJRA自体ではなく当事者(といってもJRAの子会社ですが)が行うみたいですね。(ピンクブーケ事案は関係者への処分なし
JRAとしては禁止薬物の影響があったのでピンクブーケは競走対象から除外、ただし無過失だから得られたはずの賞金は当事者が賠償する、という扱いなのでしょうかね。当該馬以外のことを考えると裁定自体はそれが妥当なのかなとも思いますが、陣営は無過失だったんだからレース結果としては失格でも1勝馬として扱うようにするべきだったんじゃないかなと思うのですよね。ピンクブーケがその後骨折したこともあるのかキャロットファームは表立っては抗議していないようなので、これでこの件は終わるのでしょうけど。

2月25日のQMA [QMA10]

鉄オタの習性としてJR時刻表のダイヤ改正号はいつも買うことにしていて、3月に改正されるので今月号を買ってきて眺めてたのだけど、東京上野ライン開通で東海道線の表で東京駅の上に更に駅の表記があるというのが、北陸新幹線開業よりも印象に残りました。在来線の筆頭に掲載されている東海道線が長距離輸送から近郊輸送に役割を変えているので仕方のないことではあるのですが、寝台特急などの長距離列車が大量に走っていた頃を思うと東京駅の始点・終着点としての位置づけが変わっていくのは寂しくもあります。


QMAは買い物のついでに神保町で。

ミナ:白銀賢者七段
3=1(0)-0-1-1#0-0 1-2
======================
決勝出題:社会3


スマイル館御茶ノ水、QMA久しぶりに来たら1台増えてましたね。まあ、今日は誰もプレーしてませんでしたが。

2月24日のQMA [QMA10]

フェブラリーSを制したコパノリッキーが骨折ということで、今回の内容から見てダート戦線ではこの先常にG1で優勝争いと思っていましたが、これで休養ということになります。残念です。馬主経済的にも損失は大きいところ。そういやフェブラリーSのレース後、フジテレビは馬主のドクターコパのインタビュー流したようですけど、これ今後もやるんですかね。やる人とやらない人がいると色々揉めそうな気もしますが大丈夫なんでしょうか。


今日のQMAは22時前から少しだけ。

デフィー:白銀賢者七段
2=1(0)-1-0-0#0-0 2-2 
========================
決勝出題:社会2


1回目が4人スタート、2回目は全COMと人が少なかったです。もしかしてバージョンアップでもあったかと思ったのですが、たまたま少なかったのでしょうか。人少ない中で続けるのもという気持ちになったので、今日は2ゲームで撤収しました。


2月23日のQMA [QMA10]

今週の日曜日にデビューする予定の一口の馬は、陣営が鞍上に西に遠征してきている戸崎を確保したらしく、出走できれば楽しみです。上手いジョッキーが乗ることに越したことはないですからね。


QMAは20時過ぎから。

ミナ:白銀賢者七段
4=0-2-1-0#1-0 1-1
=======================
決勝出題:スポ1、社会2


最初のゲーム、前半で予選通過ラインまであと8点としながら後半の文系○×4連続で落として危うく予選落ちしかけました。やっぱり二択は怖いですね…。

2月21-22日のQMA [QMA10]

QMAは昨日が流山、今日が妙典で。


ミナ:白銀賢者初段→七段
【全国大会】
22=9-7-3-1-2-0 Ace=12 区間賞=39 PM=4枚

【トーナメント】
11=5(4)-4-0-1#1-0 4-4 PM=11枚
=======================
決勝出題:アニ1、スポ2、芸能1、社会6


全国大会は第3回以降は各回1ゲームずつしかしてなかったのですが、今回はチーム戦は今後しばらくないであろうことと次作向けの特典もあるということなので、とりあえず573位に入るのと、点数的には第1回や第2回と同じ43000点前後をまずは目標にと思ってプレーしてました。当時は20ゲームくらいで到達していたのですが、今回は同じ水準に届くまで30ゲームかかりました。プラチナも2回しか取れていませんしエースの回数も大きく減っていて、自分の不出来もあるけどそれを許してくれないくらい煮詰まっているなあという印象。まあ、573位はもう大丈夫だろうし、やっているうちにセブンデイズウオーの定めた星の数を読むという不毛な作業がしんどくなりストレスを感じてきたので、全国大会はこれで終了の予定。

トナメの方は全国に人が行っているぶんやや少なめの人数でした。成績自体は良好で文句なし。


明日からも先週ほどではないにしろ忙しい見込みで、平日はあまり多くは出来ない可能性が高いのですが、プレーする場合にはトナメ中心に。


フェブラリーS雑感 [競馬]

気がつけば1回東京も最終日で、今年のJRAG1レースの第1弾となります。早いものです。


・フェブラリーS

事前の予想は、コパノリッキーは今回はホッコータルマエもいないし前走の内容も強くて逆らう要素を見いだせなかったのですが、単勝2.1倍の馬を積極的に買いたいわけではないし、ペース自体は早くなりそうだったので中団くらいから決め手のありそうなベストウォーリアから馬連と三連複を少し。
600mの通過が34秒3と速いペースを2番手でコパノリッキーが追いかける展開で、600-1000m辺りはやや落ちたとはいえ決して楽なペースではなかったと思うのですが、直線で抜けだすと後続の追走をあっさり振りきりました。着差自体はそんなにありませんでしたが、堂々の完勝でした。
道中はコパノリッキーの少し後ろにいたインカンテーションがしぶとく伸びて2着。大野をおろして内田を乗せてきた陣営の期待に応える好騎乗。ベストウォーリアは追い込みきれず。前述のペースが少し落ち着いたという部分で、決め手が完全には生きなかったかもしれません。2番人気ワイドバッハは6着。ベストウォーリアと似たような位置にいましたが伸びませんでした。どうしたことか。




2月20日のQMA [QMA10]

仕事におけるいくつかの偶然が重なったので早めに上がれて、5日ぶりのQMA。

ミナ:青銅賢者九段→白銀賢者初段
2=0-0-1-0#1-0 1-0 
=====================
決勝出題:理系1

【全国大会】
10=4-4-1-1-0-0 Ace=7 区間賞=13 PM=0枚 0→31560


全国大会はさっぱりでした。プラチナメダルに届きそうな気配もなく。見え見えの分岐で指が止まらなかったりと集中力にも欠けていました。疲れているからということにして早めに撤収して音ゲーやって帰宅。
その音ゲーもいまいちの内容でミスが多かったです。今日から稼働のjubeat propはまだ1クレしかやってないので、ある程度やってから感想を。



競馬ニュース雑感 [競馬]

QMAは今日もプレーなし。


『ピンクブーケ事案』関係者への処分なし

国内流通以降で混入したものではなかったようで、調教師や厩務員も処分なしになりました。しかし、カフェインが検出された時点で失格の裁定を下したことは問題ないと考えますが、今回のように無過失ならばその分の補償がなされる必要があるのではと思うんですけど、そのあたりは特に記事になっていないようでした。出てないだけでJRA内部で検討中なのかもしれませんが、罰だけそのまま残るのであれば、これピンクブーケは陣営には理不尽なのではないかと思うのですよね。



今日とてプレーなし [その他]

現3歳の一口出資馬はデビューが遅れていたのですが、ローレルトレゾールが3月1日の阪神芝2000、レイオールが3月14日の阪神ダート1800の新馬戦でデビューということでギリギリ新馬戦のある時期に間に合った感じで何よりです。レイオーロは母のレイニータが全く走らなかったのでそれほど期待していませんが、ローレルトレゾールは陣営がやけに強気だったので、少しだけ期待してます。


今日仕事が似たような状況で妙典帰着が0時を回っていたためゲーセンには寄れませんでした。今週は厳しいかもしれませんね…。



今日もプレーなし [その他]

昨日と同じような状況で、妙典着いた時には23時過ぎてましたのでゲーセンには寄らずに帰宅。明後日くらいまでは、早く帰るのは難しいかも。明日は雪らしいですが、早期帰宅命令とかでればあるいは。

今日はプレーなし [その他]

妙典帰着が23時30分とかだったので、今日はQMAやらリフレクはプレーなしです。

QMAは今日から全国大会ですが、一応573位以内は目指してみようかと思います。序盤で好成績が積めるようならもう一つ上も。

2月14-15日のQMA [QMA10]

キズナとハープスターの出走で注目を集めた京都記念は、両馬共倒れとなりラブリーデイが優勝となりました。馬券は一応当たったのですが、見るレースと思ってたのでそんなに買っておらず儲けも少々。レースの雑感としては、9ヶ月ぶり22キロ増ながら最後追い込んできたキズナは、次へ向けて楽観視できそうな内容だった一方で、直線まっすぐ走れず伸びを欠いたハープスターはちょっと大丈夫なのかといった感じ。昨年春の状態に戻していけるのでしょうか。


QMAは昨日流山、今日は妙典→西日暮里。

ミナ:青銅賢者五段→八段
20=10(6)-4-3-2#1-0 5-9 PM=16枚
=========================
決勝出題:アニ2、スポ2、芸能1、社会13、文系1
検定SSS:バラエティ(9クレ)
瑠璃邪神:1戦1勝(PM=2枚)


人が少ないこともありますが好調でした。文句なし。邪神はあまりやりませんでした。サブカ含め通り名だけ取って終了という感じ。

西日暮里の大会は予選4位、3位で終了。相手も厳しかったけど、そもそも自分の出来が悪すぎた。前後半とも今日の相手だと運が目一杯向いてやっと手が届くかどうかという感じなので、特に不利な縛りもなく出題した自分の選択でミスをしているようでは勝てるわけもないです。

そういや大会組み合わせ発表の時に、「ミナさんは元デフィーさんです」みたいなことをアナウンスで言われたので、ここでも名前出します。3月下旬まで今作が稼働するっぽいので思ってたより少し長くなりそうですが、新作までこの名前とアロエでプレーします。


2月13日のQMA [QMA10]

クイズマジックアカデミー暁の鐘

JAEPOで展示されていたようで、大幅にリニューアルという話を聞いてさすがに驚きました。無難なアップデートかと思ってたのですが、これだけ変えてくるということは、思惑が当たるかどうかはともかくコナミはまだQMAを諦めてないということだと思うので歓迎したいところです。天の学舎以降、以前と比べて手を打つようになったと思っているのですが、次回作で実を結んで欲しいところです。

トナメ中心でプレーしている人間としてはやっぱり気になるのはトナメの仕様で、トナメの人数が8人になるというのは、平日夜でも8人以下になることも多いので、インカムのことを考えると16人トナメを形骸化したまま置くわけにもいかなかったのでしょう。残念ではありますが現状のトナメの参加人数を考えると仕方ないのかなと思います。引っかかるのはお助け魔法という部分ですが、いったいどういうものなのか。現行の全国大会のように形式で点数が異なるようなものだと個人的にはいやなのですが、明らかになるのを待つしかないので、楽しい物になるように願っております。

これだけ大幅に変えてくるのならロケテして欲しかったと思います。店内対戦の仕様がどうなるのかとか明らかになっていないことも多いのでいろいろ考えがちですが、今後わかってくることもあると思いますので、その時に改めて考えたいと思います。


今日は21時前からプレーして3=0-0-0-1#2-0 0-1。帰宅前に会社の人と立ち飲み酒場みたいなところで少し飲んだせいか、変な間違いが多かったり指が思うように動かないので早々に撤収しました。


2月12日のQMA [QMA10]

アタック25の司会が変わるそうで。もともとつなぎの役割ということだったのかもしれないけど、浦川アナはそんなに悪くなかったと思うんですけどねえ。


客先から直帰で地元に早めに戻ってきていたので、QMAもちょっと早めの20時前くらいから。

??:青銅賢者三段→四段
5=1-2-1-0#1-0 1-4 PM=2枚
================================
決勝出題:アニ1、スポ1、芸能1、社会1


ここで隠したところで意味が無いことはわかってはいますが、CNはしばらく伏せます。
何度も見たはずの問題をど忘れしたりということもありましたが、好調ではあったかと思います。今日は相手が濃かったので、上の戦績以上に好成績の印象。



【1月の成績まとめ】
82=17(15)-20-14-8#23-0 27-17 PM=43枚


2月11日のQMA [QMA10]

暇だったのでライオンズファンクラブから送られてきてた公式ハンドブックとかを読んでたのですが、現応援歌の吠えろライオンズの作詞作曲が石川優子だというのは今まで知らんかったです。応援歌の歌詞なんてだいたい覚えてるんで、読み飛ばしてたんですよね。


QMAは11時くらいから。

デフィー:白金賢者十段→天青賢者九段/青銅賢者二段→三段
10=1-3-3-1#2-0 5-5 PM=3枚
===========================
決勝出題:アニ3、スポ1、社会4
琥珀邪神:4戦4勝(PM=4枚)


トナメの方は幸先良く優勝でスタートして好調かと思ったのですが、その後は区間賞はコンスタントに拾うものの決勝は勝ちきれませんでした。
琥珀邪神はさほど苦戦することもなく全勝。並べ替えの問題をあまり引かなかったのが残念です。


で、今日の途中で宝石賢者に到達したので転生しました。もう今作では関東以外へ大会に遠征したりということもないでしょうし、新作稼働まではキャラもCNも変えてプレーしてます。新作稼働したら(次回作が仮にSeason2的なものであっても賢者の扉と同様にキャラ変更はできると思うのですが)、またタイガに戻します。
(まあ、3月中には新作になるという想定ですが、稼働がもっと遅かったらどうしようかw)

2月10日のQMA [QMA10]

16日から3月1日までと、いつもより長い期間でチーム戦の全国大会が行われるようですが、特別な全国大会とのことで、14日間あるのでジャンル別を2日ずつじゃないかとか予想している人もいましたが、果たしてどうなるのかというところ。JAEPOの業者日に発表とかですかね。


今日は22時から。

デフィー:白金賢者十段
====================
琥珀邪神:2戦1勝(PM=2枚)


最初の1時間はミユキ野球教室へ。かなりのぐだぐだでした。○×に弱すぎる。
琥珀邪神はサブカ合わせて4戦3勝。まあ、とくに足を引っ張ってはいないはず。


明日は休みなので、多分主に午前中プレーしてます。

2月9日のQMA [QMA10]

仕事で色々煮詰まってきた。旅行行きたい。


QMAは21時くらいから。

デフィー:白金賢者十段
4=1-0-1-0#2-0 0-2 PM=3枚
=====================
決勝出題:芸能2
天青邪神:1戦1勝(PM=2枚)


天青邪神の裏にしてはトナメはそれなりに人がいて、また相手も強かったです。今日の最後のゲームは0.05点差で5位だったんですが、決勝に残ったメンツがとても楽しそうなメンツだったので、できれば割って入りたかったですが、ちょっと及ばなかったです。
天青邪神は1クレだけやって11問目で勝利。圧倒的に強い人が1人いて心理的にすごく楽でした。

2月7-8日のQMA [QMA10]

書くこと思いつかないからQMAのことだけ。

デフィー:白金賢者九段→十段
14=5(1)-4-2-0#3-0 7-2 PM=2枚
========================
決勝出題:アニ2、スポ2、芸能2、社会5
検定SS:ロボット・メカ(10クレ)
黄玉邪神:5戦5勝(PM=4枚)
天青邪神:1戦1勝


人が少ないという以上にCOMが準決勝で強い感じで4人揃わない決勝が多かったです。58点とかとっちゃダメだと思うんですよねえ。
ロボット検定は1回だけ問題の引きが良くてなんとかSS到達。問題も選択肢もさっぱりわからないものばかりでこれ以上伸ばすのは実力的にも精神的にもつらいので、ここで撤収にします。


宝石賢者まではあと魔法石3000個くらいになりました。到達したら新作まではカードネーム変えて潜伏しようかなと思ってます。

2月6日のQMA [QMA10]

JAEPOにおけるコナミの展示内容の中に「クイズマジックアカデミー 暁の鐘」というのがあったみたいで、これが新作ということでしょうか。まあ、当日までどのような内容なのかはわからないかもしれませんが。


QMAは21時過ぎから。

デフィー:白金賢者九段
1=0-0-0-0#1-0 0-0
========================
黄玉邪神:3戦3勝(PM=6枚)


トナメは、通ったかなと思ってたのですがタイム差で準決勝敗退。
黄玉邪神は3戦3勝。サブカ合わせると6戦5勝でした。自分の成績的には、難しい問題が出てきた時と優しい問題が出てきた時で成績が極端になる傾向があります。ライスタは他のジャンルと比べて問題の難易度のバラつきが大きいと感じるんですが、他のプレーヤーの印象と同じかどうかはわかりません。

明日は多分いつもの通りの土曜日に。

2月6日のQMA [QMA10]

QMAは20時過ぎから。

デフィー:白金賢者八段→九段
3=1-0-1-0#1-0 1-2 PM=2枚
========================
決勝出題:社会2
紫宝邪神:2戦2勝(PM=2枚)


決勝で理系とかライスタを見舞われた時にどうしても運頼みになっているようでは負け戦。しっかり拾っていきたいところだけど、とてもそこまで手が回りません。

競馬ニュース雑感 [競馬]

デムーロとルメールがJRA騎手免許合格

昨年は1次試験の筆記で不合格だったデムーロですが、今年は合格。まあ、安藤勝己の中央移籍と同様1年待たせたという感じなのでしょうか、大方の予想通りの結果であります。そしてルメールは一発合格。これはデムーロが1年前に道を少し切り開いてくれたおかげもあるのかもしれません。いずれにしても、2月28日から史上初めて日本を本拠地とする外国人騎手が誕生することになります。
その実力については実証済みなわけで、移籍を待望し(おそらくはJRAに圧力もかけていたであろう)社台グループを中心に彼らを主戦とする馬主も多そうで、おそらくは2人で計200勝くらいは最低でも持っていくでしょう。東西どちらに所属するのかわかりませんが、福永や浜中、川田といったあたりの勝ち星がどのくらい削られるのか、あるいは耐えるのか、興味は尽きません。

本来は騎手も調教師も免許が全国統一され、国内のレースは全て乗ることが出来、レベルの高い人が賞金の高いレースに集まるような競争がなされるのがいいと思うのですが、結局20年以上たっても主催者の壁を超えることができていないので、今後もそれは難しいのでしょう。ただ、安藤勝己の移籍が地方からの名騎手の移籍の先駆けであったように、海外の名騎手の移籍というJRAの騎手にとっての大きな転換点となる出来事だと思います。競馬は馬券が絡む以上、国籍より馬券になる騎手を受け入れやすい土壌があるので、他競技のような判官びいきにはならず、迎え撃つJRAの騎手は厳しいとは思いますが、堂々と迎え撃ってレベルを高めてほしいと思います。


ステイゴールドが急死、オルフェを輩出

驚きました。まだ早いだろう…と思ったのだけどもう21歳だったんですね。もう少し若いと勘違いしてました。種付けシーズンを前に亡くなったのは残念です。馬産地にとっても痛恨でしょう。ご冥福をお祈りします。

香港ヴァーズの時は中山競馬場で最終レース後にターフビジョンで中継するということで寒いスタンドに残って見ていました。ヴァーズはVTRだったと思うんですがそれでも興奮して周囲の人とハイタッチとかした記憶があります。そのくらい、なかなか勝ち切れないステイゴールドがG1で勝つというのは自分には驚きでした。
そして種牡馬での大成功は現役時代の驚きを上回るものでした。サンデーサイレンス以降、意外性のあるような馬の成功が少なくなっていた中で、予想を大きく上回る成功でした。ステイゴールドが三冠馬を輩出すると考えてた人が一体どのくらいいるのか。
エリートがエリートとして結果を出すことが多い近年の競馬の中で、異端の馬であったと思います。こういう山あり谷ありの競走馬生活をおくる馬がいてもいいし、競馬の人気にもつながる話でもあると思うんですよね。


2月4日のQMA [QMA10]

結局何の発表もなかったですね。Twitterでリークしたところになにもないといいのだけど。

QMAは22時過ぎに少しだけ。トナメは1回やって3位、邪神は2戦1勝(PM=2枚)。


明日はまた雪みたいですね。たくさん積もるほど低気圧発達しないような気がしますが、関東の雪は終わってみないと正解がわからないケースが多いので、警戒しとくに越したことはないでしょうね。まあ電車止まる前に家に帰れればそれでいいです。

2月3日のQMA [QMA10]

イスラム教徒の大砂嵐が哀悼の意「イスラム圏出身者として本当に心が痛むばかり」

正直大砂嵐がそんなに気に病む必要はないと思う。それにしても、一部の記事にでていた大砂嵐へのひどいやじが本当なら、そんな奴は若い衆で囲んでつまみ出せばいいと思う。サッカーなら差別的なやじは、何らかのペナルティを課すでしょうしね。


QMAは21時くらいから。

デフィー:白金賢者八段
3=0-2-1-0#0-0 1-1 
========================
決勝出題:スポ1、社会2
紅玉邪神:3戦3勝(PM=6枚)


まあぼちぼち。野球に助けられる局面が多かったです。


2月2日のQMA [QMA10]

眠いので簡単に。


デフィー:白金賢者八段
5=2-1-1-1#0-0 1-1 PM=5枚
======================
決勝出題:スポ2、芸能1、社会2
紅玉邪神:3戦3勝(PM=1枚)


セリオス誕生日ということでまずトナメからプレーしましたが、セリオス杯は発生せず。基本オンオフを避けてる(3人いた回は、もしかしたらオンオフだったかもしれませんが)ので男子キャラで2人決勝残るのはやっぱり難しいです。
紅玉邪神は3戦3勝。前回よりも問題が難しかったような…。3クレじゃなんともいえないんできっとたまたまだったんでしょうけど。


2月1日のQMA [QMA10]

白鵬謝罪…といっても謝った場所が場所だし、どこまで考えてるのか、あるいはどういう意図なのかはなんとも。


QMAは土曜は主に流山、今日は妙典で。トナメが盛況で楽しかったです。厳しかったけど。

デフィー:白金賢者七段→八段
20=4-5-2-2#7-0 5-4 PM=12枚
============================
決勝出題:アニ6、スポ2、芸能1、ライ1、社会2、文系1
協力プレー:9F討伐成功


トナメは優勝は相応にできたものの、準決勝がしんどかったです。1つの不少数正解が終わってみれば敗因でしたという程度には1ミスがシビアな結果を招くトナメでしたね。まあ、最近の人の少ないトナメで感覚が鈍ってますけど、かつては常にこんな状況だった時代もあったわけですが。
今日からの協力プレーは8階まではともかく9階は貢献できなかったですね…。正直、負けたかと思いましたが1回でクリア出来て何より。
上の記録に見えないところだとロボ検定を2回。まだAですが、SSまでははるかな道になりそうです。古い問題で点を稼げないとさすがに厳しい。流山でも言われてましたが、アニメのこの手の検定は近い時代の作品の問題が多く入るからつらいものがあります。


明日から2週間の邪神ウィークということですが、まあ適当に。平日はそんなにできないでしょうが、今までなかったジャンルは休・祝日に重なるようなので、その辺を中心にやろうかなと思います。せっかく白金8段まできてますので、転生に近いところまでいければ。