So-net無料ブログ作成
検索選択

3月15日のQMA [QMA13]

新作のスタート。今日は休み取ってたので開店からゲーセンへ。なんだかんだで当日に休んだのは初めてですね…(翌日なら何度かある)。


デフィー:QLv1→30 上級魔術士
D:6=5(3)-0-0#1-0 3-3
===========================
決定戦出題:スポ1、ライ1、社会3、文系1
グリバス:5勝0敗(G:1-0、U:4-0)
検定SS:RPG(10クレ)

とりあえず、一通り各モードをプレーしてみた雑感とかを箇条書きで。


【削り】
・トナメ、サークルとも正解時の最低点は50%で変わらず、ただし前作にあった残り5秒で最低点という仕様は0秒で最低点に変更になっていました。これだと連想やエフェクトでの削りはかなり緩和されそうです。
・予習は最低点が70%。☆4→5の合格数が4→3回というのとあわせて、☆5まで上げるのが大分楽になりそうです。

【トナメ】
・マジックアカデミー出題の3問がなくなり、決勝戦の自選が4問となりました。マジックアカデミー出題、不評だったんでしょうか。3問で出題チェンジというのが体に染み込んでいるので、慣れるまでしばらくは試合中に戸惑うことがありそうです。

【グリバス】
・今作はベルや魔導書といったものがなく、ゲームごとに得られる経験値を各ジョブに割り振る形でレベルを上げる必要があります。5回やってレベル7なので、上限(レベルいくつになるのかわからないですが)まで上げるのは相応のゲーム数が必要そうです。
・過去何回かの成績から出題される問題の難易度が決められているようです。難易度選べない仕様はどうなんでしょう。

【検定】
・アーカイブの解禁は検定を3回プレーしたところ所で出来ました。他には大きな違いはなさそう。

【魔法石】
・トナメで順位別にもらえる石の数と、検定のランクに応じてもらえる石の数は多くなってました。ただ賢者までの所要魔法石数も増えているので、この傾向が宝石まで続くのであれば、自分は宝石賢者までのゲーム数は前作とさほどの違いはなさそう。一方グリバスでは少し少なくなったように思います。

【BGM】
・いかにもBEMANIっぽい感じのBGMが多かった気がします。これまでのQMAとは少し趣が違いますね。今日聞いた中ではサークル対戦のBGMがかっこよく感じました。

【アイコンチャット】
・今後各キャラのいろいろなコメントのものが増えそうなので楽しそうだとは思います。
・ただ、グリバスで1問ごとにチャットできるようになっている必要はないんじゃないかと。単独不正解の都度「ごめん」を押している人がいましたけど、変なマナーみたいなものが形成されてほしくないですね。

【その他】
・サブカでヴァニィを試してみました。トナメ2ゲームしかしてないけど、今のところ拒絶反応は感じませんでしたので、今後も適当にヴァニィでもプレーします。
・パセリのノーマルプレーでも若干の魔法石のボーナスがつくようになっていました。コナミとしてはパセリにもっと寄せたいのでしょうね。


いまのところ前作と大きな違いはなさそうです。ただ、今後新規に録音した声が追加されるタイミングで変更もありそうな気がするので、そのあたりでまた感想を書こうかと思います。


メインカードは今作もタイガを選択しました。それでは今作もトナメで対戦したり協力プレーでマッチングされたときには、よろしくお願いします。